未分類

マイプロテインのシェイカー(容量600ml)の大きさは?ペットボトル、ザバスシェイカー徹底比較!

シェイカーは、プロテインなどの粉末状になっているサプリメントを水や牛乳で溶かすとき、とても重宝するアイテムです。

日々のたんぱく質の補給はもちろんのこと、筋トレなど、運動後に気軽で早く、スムーズに飲むことができます。

自宅で飲むことはもちろん、外出したときや、フィットネスジムに持ち込むときにも、持っていく場所を選びません。

ですが、持ち運ぶときに確認しておくべきこととして、『シェイカーの大きさ』があります。

自宅で使用する場合は、マイプロテインのシェイカーの大きさを気にしなくても、困るということはなかなか無いのかもしれません。

ですが、バッグなど入れ物によってはシェイカーがかさばり、ジャマになってしまうかもしれません。

そして、マイプロテインの公式サイトを見ても、シェイカーの寸法が記載されておらず、「どのくらいの大きさなのか分からない」という方もいるのではないでしょうか。

この記事では、マイプロテインのシェイカー(容量600ml)の大きさに関することを書いています。

マイプロテインのシェイカーの寸法はもちろんのこと、日常的に使われているペットボトル等との比較した画像や、私の私物で恐縮ですが、持ち運ぶことを考えてバッグに入れた時と車のドリンクホルダーに入れられるかについて記載しています。

ぜひ、参考にしていただければ幸いです。

\お得な初回購入特典あり/

詳しくはコチラ

マイ
シェイカーの大きさを見ていきましょう!

マイプロテインのシェイカーの大きさ

マイプロテインの公式サイトには、一部のシェイカーの寸法は表示されていますが、寸法が載っていない物も数多くあります。

そこで、私が所持している、容量600mlサイズのシェイカーの大きさを採寸しました。


※マイプロテイン公式サイトでは、このシェイカーの寸法表示なし
※多少の誤差はご了承ください

底側とフタ側で17mmの差があり、底側にいくにつれて、先が狭まっています。

そのため、手から誤って滑り落としてしまうことが減り、安心して持てるというメリットがあります。

マイプロテインのシェイカーと350ml缶との比較

比較に使ったのは、アサヒビール株式会社の商品、スタイルフリー350mlの缶ビールです。

比較した結果、マイプロテインのシェイカーの高さは82mm高く、上部の幅は25mm大きく、下部の幅は8mm大きいため、高さ、幅ともにシェイカーの方が大きいことが分かりました。

マイプロテインのシェイカーと500mlペットボトルとの比較

比較に使ったペットボトルは、キリンビバレッジ株式会社の商品、生茶です。

比較した結果、マイプロテインのシェイカーの高さは12mm低く、上部の幅は23mm大きく、下部の幅は6mm大きいため、高さ以外はシェイカーの方が大きいことが分かりました。

※ペットボトルの種類によって、サイズが多少違うことご了承ください

他社(ザバス500ml)シェイカーとの比較

比較に使ったのは、株式会社 明治の商品、ザバスのシェイカーとの比較をしていきます。

比較した結果、マイプロテインのシェイカーの高さは50mm低く、上部の幅は2mm大きく、下部の幅は4mm小さいため、下部の幅以外はシェイカーの方が大きいことが分かりました。

マイプロテインは容量が600mlで、ザバスの容量は500mlと、容量が100ml違うところはありますが、やはり、”飲み口が付いている”のと、”付いていない”のとで形状の違いが大きさにも表れています。

マイプロテインのシェイカーの持ち運び(バッグ/車のドリンクホルダー)

私の私物での検証になりますが、マイプロテインのシェイカーを持ち運ぶときの、バッグに入れた場合のスペースの空き具合と、車のドリンクホルダーに置くことができるのか、検証していきます。

バッグに入れた場合

マイプロテインのシェイカーをバッグに入れて持ち運ぶ場合の斜め掛けバッグと、リュックサックの大きさの違う2種類で検証していきたいと思います。

【斜め掛けバッグの場合】

シェイカー単体であれば問題ありませんが、お財布や鍵などを入れると、あまり余裕がなくなってしまうので、斜め掛けバッグに入れるのはオススメできないといえます。

【リュックサックの場合】

リュックサックでは、シェイカーを入れてもスペースに余裕があります。

バッグの種類、大きさで異なる結果になりますが、ご参考にしてください。

車のドリンクホルダーに置ける?

車で移動中でもシェイカーを使いたい場合、車のドリンクホルダーに入るか検証してみました。

普通車と軽自動車、計2台で確認したので、ご参考にしてください。

【普通車】

普通車のコンソールボックスのドリンクホルダーでは、特に干渉する箇所もなく、置くことができました。

【軽自動車】

軽自動車のエアコン吹き出し口のドリンクホルダーでは、シェイカー下部で既に干渉してしまい、置くことができませんでした。

「参考」マイプロテインのシェイカーの容量

マイプロテインのシェイカーの容量は、600mlになっています。

普段、飲むときはもちろんですが、外出時やジムに持っていくときにも余裕のある容量です。

目盛りは600mlまで刻まれており、追加で100ml以上は入れることができますが、ギリギリまで入れてしまうと漏れのリスクが高まってしまうので、注意が必要です。

まとめ

マイプロテインのシェイカー(容量600ml)について、下記をお伝えしてきました。

●マイプロテインのシェイカー(容量600ml)の大きさ

●マイプロテインのシェイカーと350ml缶との比較

●マイプロテインのシェイカーと500mlペットボトルとの比較

●ザバスのシェイカーとの比較

●バッグに入れた場合
 斜め掛けバッグ:△(スペースに余裕なし)
 リュックサック:〇(スペースに余裕あり)

●車のドリンクホルダーに置けるか
 普通車の場合  :〇(置ける)
 軽自動車の場合 :X(干渉して置けない)

●マイプロテインのシェイカーの容量
 目盛りは600mlまでだが、700ml以上入る余裕あり(入れすぎると漏れやすくなる)

自宅で使用する場合は、マイプロテインのシェイカーの大きさを気にしなくても、困るということはなかなか無いのかもしれません。

ですが、外に持ち出すとき、バッグなどの大きさや持っていく物を考慮しないとならないため、外出時の参考になれば幸いです。

マイプロテインのシェイカーは、記事の中で紹介した物以外にも、いろいろな大きさ、種類があります

ぜひ、公式サイトでチェックしてみて下さい。

\お得な初回購入特典あり/

詳しくはコチラ

-未分類

© 2021 マイプロなび

マイプロテイン公式サイト/セール実施中!
詳細はこちら
マイプロテイン公式サイト/セール実施中!
詳細はこちら