未分類

マイプロのソイプロテインはまずい?その理由と避けるべきフレーバーを紹介します!

マイプロテインから販売されている「ソイプロテイン」

正直、あまり評判が良くないんですよね。

実際のところ、どうなんでしょうか。

初めて「ソイプロテイン」を試そうとしている方のために、「まずい」と言われる理由とそのフレーバーを紹介します。

「これは避けた方が良い」というものを紹介しますので、いくつかあるフレーバーから選ぶ際の参考にしてみてください。

  • ソイプロテインはなぜ「まずい」のか?
  • 「まずい」フレーバーは?
  • プロテインの種類(「ソイプロテイン」がまずい理由が少しはわかるかも?)
  • 「飲み方」を変えると美味しくなる?(おまけ)

「ソイプロテイン」は本当にまずい!?

「ソイプロテインはまずい」

これは、マイプロ界隈では良く耳にする話です。

実際に、そのような口コミを目にすることも多いですよね。

なかなか辛辣ですね。

確かに、私個人の感想としても、お世辞にも「美味しい」とは言えません。

それでは、なぜまずいのか?

まずいと感じるところを具体的に説明していきます。

「ソイプロテイン」はなぜまずいのか?

なぜまずいのか?

それは、味もそうですが、何より「飲みにくさ」が原因です。

先の口コミにあるように、「どろどろしている」という声を良く聞きます。

つまり、溶けにくいため舌触りが悪いんです。

「ソイプロテイン」を単純に水で溶かすと、非常に飲みにくいです。

なかなか溶けないため、「ダマ」がたくさん残り、粉っぽさが抜けず、それが「舌触り」に影響しています。

最近のプロテインは、一昔前に比べると、全体的に溶けやすくなっていますが、「ソイプロテイン」に関しては、まだまだ改善の余地がありそうです。

「ソイプロテイン」のまずいフレーバー

それでは具体的に、どのフレーバーが「まずい」のでしょうか?

「ソイプロテイン」には、以下のとおりたくさんのフレーバーがあります。

この中で特に評判が悪いのは、「ノンフレーバー」「バニラ」です。

  • ノンフレーバー
  • バニ
  • アイスラテ
  • ソルティッドキャラメル
  • ナチュラルストロベリー
  • チョコレートスムーズ

ノンフレーバー

https://twitter.com/Louis_wod/status/1331099267562229762?s=19

人工甘味料が入っていないので、ダイエットを目的にしている方には向いています(どろどろしている、ということは「腹持ちが良い」とも言えます)。

しかし、味に関してはオススメできません。興味のある方は、少量から始めましょう。

私の場合、送料のことを考えたくさん注文しようとしましたが、事前のリサーチであまり評判が良くなかったため、ひとまず少量を注文して正解でした…

バニラ

「バニラ」といえば、一般的にはオーソドックスな味で、あまりハズレのないイメージですよね。

しかし、「炒った穀物の味」は、非常に的を射ています。「ソイ」なので穀物の味はわかりますが、バニラの期待値からの穀物、というギャップで非常にガッカリしました。

バニラの風味はあまりしませんでした。

これもオススメできません。

ソルティッドキャラメル(まずくはないけど)

あまり評判が悪いわけではありませんが、名前とギャップがあるため、少しだけ紹介します。

直訳すると「塩キャラメル」ですよね。

しかし、経験者の口コミを見ると「激甘」とのこと(甘いものが苦手なので、私は試す勇気がありませんでした…)。

「甘塩っぱさ」を期待している方は要注意です。

プロテインの種類

ここで、プロテインの種類を簡単に説明します。

↓こちらの記事も参考にしてみてください。↓

かんたん、わかる!プロテインの教科書:森永製菓

「ソイプロテイン」が美味しくない原因も、何となくわかるはずです。

そもそも、プロテインには、それぞれの原材料が名前に入っています。

大きく、以下の3種類のプロテインがあります。

  • ソイプロテイン:大豆
  • ホエイプロテイン:牛乳
  • カゼインプロテイン:牛乳

それぞれのプロテインについて説明します。

ソイプロテイン:大豆

「ソイ」は大豆です。

正確には、大豆のタンパク質部分を粉末にしたものです。

水分や糖質などを調整し、タンパク質の比率を上げることで、植物性タンパク質を効率良く摂取できるようになっています。

溶かした際に「粉っぽく」なりがちで、それが飲みにくさに繋がることが多いです。

私の最初の「ガッカリ」も、これが原因でした。

ホエイプロテイン:牛乳

プロテインといえば、この「ホエイプロテイン」が一番有名ですね。

「ホエイ」は牛乳に含まれるタンパク質です(ヨーグルトの上澄みをホエイ(乳清)といいます)。

筋肉の多くを占めるアミノ酸が含まれているため、筋肉を大きくしたい方に向いています。

「プロテイン=筋肉強化」

というイメージもあることから、ホエイプロテインが有名になるのもわかりますね。

カゼインプロテイン:牛乳

「ホエイ」同様、「カゼイン」も牛乳を主成分としています。

生乳を構成するタンパク質がカゼインです。

「ホエイ」が、水溶性で体内への吸収が早いことに対し、「カゼイン」は、不溶性のため体内への吸収は比較的ゆっくりです。

腹持ちが良いため、筋肉の肥大化というよりは、ダイエット目的で使う方が多いです。

「ソイプロテイン」を(少しでも)美味しく飲むには?

「ソイプロテインはまずい」

「オススメできません」

と説明してきましたが、最後に、「こうすれば美味しく飲めます」ということを一つだけ紹介します。

これで少しは、「ソイプロテイン」に対して前向きになれるはずです。

結論から言うと、「豆乳で溶かす」と劇的に変わります。

これまでは「水で溶かす」前提で説明してきましたが、混ぜるものを豆乳に変えると、ソイプロテイン独特の「粘度」がやわらぎます。

そしてお味ですが、クリーミーで濃厚な乳飲料といった感じになりました。つまり、プロテイン感がほぼなくなりました笑いや、本当に美味しく飲める飲み物に変わりました、(水の時は不味すぎた)

ソイプロテインを美味しく飲むための割り方

「粘度」がやわらぐことで、粉っぽさもなくなり飲みやすくなります。

豆乳に抵抗がない方は、ぜひ試してみてください。

まとめ

  • マイプロの「ソイプロテイン」がまずい理由は、どろどろしていて粉っぽいから(水に溶けにくい)
  • まずいフレーバーは「ノンフレーバー」「バニラ」
  • 「ソルティッドキャラメル」は名前とのギャップに注意!(激甘です!)
  • 「豆乳」で溶かすと非常に飲みやすくなる

いかがでしたか?

マイプロの「ソイプロテイン」をこれから試そうとしている方向けに、まずいと感じる理由とオススメできないフレーバーを紹介しました。

マイプロは海外メーカーのため、国内メーカーに比べると送料が高いですよね。

送料無料を目指すと、大量の「ソイプロテイン」を注文しないといけません。その際に、

「最初は無難にノンフレーバーを」

なんて意気込んで大量注文すると、大変なことになりかねません。

(「まずいです!」と)紹介したフレーバー以外も、好き嫌いが極端に割れているプロテインです。「ソイプロテイン」は癖があるため、初回は少量注文をオススメします。

-未分類

© 2021 マイプロなび

マイプロテイン公式サイト/セール実施中!
詳細はこちら
マイプロテイン公式サイト/セール実施中!
詳細はこちら