未分類

マイプロテイン虫混入問題の現在とメーカーの対応。直撃メールも公開

海と男性の画像

あの大炎上した、マイプロテイン虫混入問題から、マイプロテインを遠ざけていたトレーニーの間では、次のようにつぶやかれています。

  • その後虫は混入してない?
  • これからは虫混入の心配しなくて良い?
  • 虫混入問題後の再発防止対策はされてる?

そんな、虫混入問題で一旦マイプロテインから離れたあなたへ、現在のマイプロテインについて、3つの調査結果をお伝えします。

これから、マイプロテインの購入を考えているあなたにとって、「虫混入後の現在について」はとても気になりますよね?

この記事では、以下3つのギモンについて調査しています。

虫混入後の調査内容3つ

  • 現在、虫混入の報告はないのか?
  • 今後マイプロテイン商品に虫混入の心配はないのか?
  • きちんと再発防止対策はとられているのか?

この記事を読むことで、今後迷うことなく、マイプロテイン製品を購入することができるようになります。

また、マイプロテイン社に「現在の対策状況」について、直撃メールを送っていますので、そちらも合わせて公開します。

ぜひ、参考にしていただければ幸いです。

\初回購入特典あり!/

マイプロテインの公式サイトはコチラ

調査①虫混入の報告は現在あるのか?

2020年9月11日あの衝撃の虫混入ツイートから、早6カ月。マイプロテイン社では、自社及びサプライチェーン全体の体制を見直すとしていましたが、その後現在は、虫の混入は無くなったのでしょうか?

虫混入問題後の口コミを調査しましたので、ご紹介します。

いきなりですが結論、現在虫混入の報告があるかどうかについては、「あり!」です。

現状の口コミでは虫混入の報告が1件虫かもしれない報告が1件出てきました!

発生直後は報告されている数(4人)を大幅に超えるユーザーから、

「私のカーボクラッシャーにも虫が混入していました!」

と、画像や動画がSNSで拡散され、日本全国に衝撃が走りました。

その状態から比べると、現在の虫混入についての口コミは

「虫が混入していたと聞いてから、もうマイプロテイン飲めない。」

もしくは、

「マイプロ買ったけど、虫は入ってなかった。良かった。」

と、「虫混入問題があったから、もう飲めない人」「虫混入問題があっても安くておいしいから飲む人」の賛否両論の意見が飛び交っているといった状況です。

また、今回の虫混入らしき口コミの2件は、前回問題のあったカーボクラッシャーではなく、別の製品です。

今後さらに広がってしまうのか、今回たまたま起きてしまったのかについては不明のため、引き続き、口コミ調査は継続していきたいと思います。 

調査②もう虫混入の心配はないのか?

悩む男性

マイプロテインの虫混入について、もう、虫混入の心配はいらないのでしょうか。

マイプロテイン社としては、以下3つの理由から、今後は虫混入の心配はないとしています。

  • 製造工程では虫は発生しない
  • 虫混入は不具合が重なった突発的な事案
  • 虫混入問題後コナダニ、チャタテムシの再検出なし

それぞれ解説します。

①製造工程では虫は発生しない

ダニと温度計

カーボクラッシャーは、イギリス内にある、第三者のNutrition Groupによって製造されています。

そして、Nutrition Groupでは、60℃以上の温度下でカーボクラッシャーの製造を行っています。

ダニは通常「60℃以上で死滅する」と言われているため、コナダニは生きのびることができません。

ゆえに、カーボクラッシャーの製造工程においては、コナダニは発生しないと結論づけています。

マイ
第一関門クリア!

②虫混入は不具合が重なった突発的な事案

マイプロテイン社では、今回の一連の騒動において、虫混入は、以下の事象が重なったことによる、突発的事案だと見解しています。

不具合発生のポイント

  • 一部製品の包装シールの不具合
  • 製品輸送中の高温状態の発生

どういうことかと言いますと、製品輸送中に不具合のある、包装シール部分からコナダニが侵入。

その後委託倉庫の温度条件により、製品の保管中にコナダニが増殖してしまったとのこと。

上記①でも示している通り、マイプロテインの製造工程では、虫は発生せず、万が一紛れ込んでいたとしても、ダニが生き残れる環境ではありません。

なおかつ、虫混入が見つかったのは、シンガポールの委託倉庫のみとした上で、その原因は、シールの不具合と輸送中の管理の問題が重なったことによる、突発的な事案と結論づけています。

このシールの不具合と、輸送中の高温状態に関して、再発防止対策が現状なされているかについては、後ほどご説明します。

マイ
第2関門は、シンガポール倉庫の管理体制と梱包材の改善が重要ね!

③コナダニ、チャタテムシの再検出なし

点検する人

マイプロテイン社では、今後2度と、このような問題が起こらないよう、大手の専門企業2社に依頼し、徹底調査しています。

問題のあったカーボクラッシャーは全て廃棄した上で、シンガポールにある委託倉庫に、2回目の調査を入れ、コナダニ、チャタムテムシなどが検出されないか、再度調査をしています。

結果、コナダニ、チャタムテムシの再検出はされず、最終的に虫の混入は回避したとしています。

その上で、2020年9月25日マイプロテイン社より、下記のことを「品質保証」として掲げています。

  • 高品質な製品と顧客サービスの提供
  • 厳しい監査チェックを満たしている最高品質の事業者との協業

以上のことから、今後は厳しい監査を受けた業者とのみ提携し、徹底した品質管理のもと、最高品質の商品のみお客様へ提供すると公表しています。

では、実際にどのような再発防止策がとられているのでしょうか。

マイ
最終関門「品質保証」は今後徹底して守ってほしいな!

調査③マイプロテイン社に直撃!現在の再発防止対策は?

現在マイプロテイン社では、どのように虫混入対策が施されているのでしょうか?

まずは、2020年9月25日にマイプロテイン社より公表された、謝罪文「カーボクラッシャーに関するご報告」より再発防止対策について整理しますと、以下の通りとなります。

  • カーボクラッシャーをシュリンク包装へ実装予定
  • カーボクラッシャーを冷蔵状態で輸送、及び保管の実施
  • サプライチェーン全体の再評価及び監査の実施
  • 委託倉庫、物流パートナーとの綿密な連携
  • 委託倉庫、物流パートナーが高品質なサプライチェーンの基準を満たし維持するよう努める
  • 自社の製造、倉庫、物流施設は、高度な設定を受け定期的に監査の実施

上記の再発防止対策について、現在の進捗状況を確認すべく、2021年2月26日に、マイプロテイン社にメールで確認致しました。

2月26日マイプロテイン社からの回答

質問内容は下記の通りです。

マイプロテイン社への質問内容①

  • 上記①~⑥の対策について、現在の進捗状況が知りたい(実施済みかどうか)
  • 上記①~⑥以外で再発防止対策を行っているのであれば教えてほしい(パッケージのリニューアルなど)
  • カーボクラッシャーの再販はいつ頃を予定しているか?
  • カーボクラッシャー以外の製品を冷蔵での保管、輸送の検討はなされているか?

しかしながら、マイプロテイン社からは、「2020年9月25日の『カーボクラッシャーに関するご報告』を確認してください」とだけ返信がきました。

質問の回答になっていなかったため、返信して確認しましたが、回答がなかったため、改めて下記のような内容の問い合わせをしました。

3月6日マイプロテイン社からの回答

質問内容は下記の通りです。

マイプロテイン社への質問内容②

  • 虫混入問題後の再発防止対策についての進捗状況が知りたかった。現状どうなのか?
  • カーボクラッシャーはまだ発売未定のままなのか?
  • カーボクラッシャーの冷蔵輸送、保管についての対応は進んでいるか?
  • 対策後の虫の混入はないのか?
  • 2020年9月25日公表の「カーボクラッシャーに関するご報告」の内容が全てなのか?

マイプロテイン社からの回答は、2020年9月25日の「カーボクラッシャーに関するご報告」の内容が「全て」とのことでした。

現状は上記のことを実施中もしくは、実施予定というのが、マイプロテイン社の再発防止対策の現状です。 

マイ
再発防止対策が前向きに進むことを祈ろう

まとめ

マイプロテインの虫混入問題の現在について調査内容を3つお伝えしました。

虫混入後の調査内容3つ

  • 現在、虫混入の報告はないのか?
     ⇒虫混入の報告が1件虫かもしれない報告が1件あり
  • 現在のマイプロテイン商品に虫混入の心配はないのか? 
     ⇒その後虫は発生しておらず、製造工程では虫混入が発生しない環境のため、心配ない
  • きちんと再発防止対策はとられているのか?
     ⇒実施途中。カーボクラッシャーについては、現状発売保留

結論として、

虫の混入はあり!再発防止対策については、2020年9月25日の「カーボクラッシャーに関するご報告」の内容「全て」ということです。

また、「今後、虫混入について心配はないのか?」については、マイプロテイン社では、「心配ない」としていますが、虫混入の報告が見られたため、引き続き虫の混入については、注意が必要となります。

ただ、口コミを見ていると、虫混入後のマイプロユーザーの多くは、虫混入のリスクを懸念しつつも、味、コスパ、種類の豊富さで、マイプロ沼から抜け出せず、虫が出ないことを祈りながら購入し続けているというのが現状です。

マイプロテイン社の今後の動向も確認しつつ、届いたらまずは、虫や異物の混入はないか、引き続き確認することをおすすめします。

そして、到着後の防虫対策をしっかりとし、安全においしくプロテインを摂取しましょう。

マイプロテインの公式サイトはコチラ

-未分類

© 2021 マイプロなび

マイプロテイン公式サイト/セール実施中!
詳細はこちら
マイプロテイン公式サイト/セール実施中!
詳細はこちら